時代の変化とともに意味も変わるかもしれません

印鑑イメージ

あまりその部分を意識した事がなかった為細かく見た事がなかったのですが実印、銀行印、認印はその種類や使用する人の性別によって寸法やあるいは彫り方が違うものなのだそうです。

確かにそう言われて見れば認印は指でつまむ程度で済む位の大きさなのに対し実印にしている印鑑の場合は本当に持つといった感じで持っている位には大きさが違います。 認印位でそんなに存在感のある捺印の必要がないから小さいのではないか位にしか考えていなかったのですが、どうもそんなに浅い理由ではない様子。

実はこの実銀認の寸法や彫り方の違いも開運的な意味があって設定されているのだそうです。
まず実印は男性か女性かで実印の大きさが違いまして、男性の実印の方が大きい方が良いのだそうです。

女性の実印が大きいのは一部例外を除いて凶相となるのだそうで…。
その他にも女性の方は彫り方なども縁遠くなる。運が強すぎて男性の運を吸い取る等の凶相の理由で色々と彫り方の案内がされておりました。

恐らくこの開運の印鑑を作成した当初は作成した本人がそうなのか、あるいは日本全域がまだ男性は仕事をして女性は家を守るという考えの時代だったのでこういった作成の仕方になったのでしょう。

基本的に女性の印鑑の凶相は後家相だの何だのでその女性が仕える男性に凶が起こったりお嫁にいけないというのを強調しています。
現代日本は女性の社会進出めまぐるしいです。

ですので実印に関しては特に開運の為だからといって彫り方や寸法を気にする必要のない感じです。
実印を作成する方で今後仕事をメインで考えるという人であれば逆に大きい寸法で印面は達筆でフルネームを力いっぱい彫りこんで貰うのが良いでしょう。

~ 話題のWEBサイト ~

<機能性抜群>チタン印鑑

医療器具や航空機にも使われる純チタン。
錆びにくく、耐食性に優れた性質をそのまま印鑑にしました!
今までのはんこのイメージを覆すスタイリッシュなデザイン!
表面が滑らかで朱肉離れが良いチタン印鑑は、業界で話題の一品です!

チタン印鑑の詳細は【チタン印鑑スクエア】をご覧下さい。

ページの先頭へ